SI便り SIクラブ合宿in原村

2016年9月8日

SIクラブ合宿in原村                          

SIクラブ3回目の合宿です。メンバー53名で長野県原村へ行き、天文班を中心とした天体観察や自然観察、施設の見学を通して、楽しみながら科学の知識を深めました。

<1日目>
はじめに山梨県立リニア見学センターを見学しました。到着してすぐにリニアの試運転を見ることができました。リニアは時速500km!とても速くて、一瞬で通り過ぎてしまいました。走行の仕組みを展示やシアターで学びました。

SIクラブ合宿in原村

夕食前にお散歩

3日間お世話になるペンションに到着。夕飯をいただいて、夜の八ヶ岳美術館へ天体観測に出かけました。雲が多く、望遠鏡での観察はできませんでしたが、雲間に明るく輝く星を見ることができました。明日こそ輝く星を観察できますように…

 

 

 

<2日目>
良い天気の中、八ヶ岳自然文化園を起点に八ヶ岳中央農業実践大学校に向けてハイキングしながら、水辺、牧草地、小川や湿性花園の生物観察を行い、たくさんの生物を見つけました。そして八ヶ岳を臨みながらの昼食をとりました。

一度宿舎に帰ってから、明日の報告会の準備です。自分が選んだ生物について本で調べたり、まとめたり、皆一生懸命です。
その後プラネタリウムを観て、原村星祭りに参加しました。たくさんのアマチュア天文家の方の、自作の大きな望遠鏡で観測させていただきました。南の空、雲の切れ目からさそり座のアンタレスのそばに土星や火星がはっきりと観えて、皆で感動しました! いろいろなお話も伺えて、充実した天体観測となりました。

<3日目>
いよいよ最終日です。午前は全員で報告会を行いました。3日間の中で見た生物、星の中から1つ選び、各々発表しました。自分で調べること、他の人の発表を聞くことを通して、発表の仕方を学んだり、知識を深めることができました。
報告会が終わると、3日間お世話になったペンションを後にして、最後に訪れたキープ自然学校(清泉寮)で昼食のカレーライスをいただきました。広い草原を目の前にゆっくりとした時間を過ごして帰路につきました。

普段のクラブ活動ではできない活動を通して、科学への興味を一層深めることができました。ともに活動する中で、クラブのメンバー間の交流も深まりました。

 

以下は、参加者の感想です。

・「地面から浮いているなんて、とてもすごい技術が必要なのか」と思いましたが、単純に言えば、磁石の力で動いていることが分かってとてもびっくりしました。

・ハイキングでは、初めて見る植物や虫がたくさんいたので驚いた。シラカバの木がきれいで、ヤドリギも印象的だった。

・大きな天体望遠鏡で衛星まで見せていただいたことで、今まで自分からあまりにも離れていて興味がなかった宇宙との距離が少し縮まって興味がわいてきました。

・電灯などの光がなく、空気がきれいでないと、原村で見たような星はなかなか見られないと思いました。

・自分の力で見つけた植物を本で調べたり、同じグループの人のことを考えながら行動ができたので、今回の合宿で学んだことを忘れないようにしたいです。

・生物には興味がなかったけれど、みんなの発表を聞いてとても興味を持った。

・報告会での発表は初めてだったが、上手にできて良かった。

・報告会では、自分が見つけられなかった動植物があったりして、こんなものがあるのか!と思いました。

・今回の合宿で、普段はあまり関わることができない、他の班の先輩、後輩との交流ができて楽しかった。3日間とても充実したものにできたと思う。