真剣に学び、真剣に楽しめば、志は自ずと見つかります

山脇学園は、1903(明治36)年に山脇玄・房子夫妻によって創設されました。それからおよそ116年あまり、本校は、日本の女子教育の一翼を担ってきました。創設当時、明治という時代の中にあって、「良妻賢母」が女子教育の目標とされることが多い中、夫妻の理想は、欧米諸国のレディに見劣りしない教養ある女性を育成することにありました。

現在の日本は当時とは比べものにならないくらい国際化が進んでいます。山脇学園は、創設当時の高邁な考えをさらに進め、現在の状況の変化を踏まえ、「社会で生き生きと活躍する女性のリーダーの育成」を教育目標としています。

具体的な施策として、国際社会で活躍する志と資質を育成する「イングリッシュアイランド」、科学を通じて社会に貢献する志を育てる「サイエンスアイランド」、社会で活きる探究的な学びを模索する「リベラルアーツアイランド」などを設置し、さまざまなプログラムを実践しています。この3つのアイランドを通しての学びは、大学入試でも着実に実績を残しています。

今後は、基本にはさらなく学力の向上を掲げ、留学や海外大学直接進学をめざす国際教育や探究的手法を用いた志を育てる教育に力を注いでいきます。

また、新しい中学入試を通じて、得意科目や伸びる資質のある生徒に入学してもらい、山脇の恵まれた環境で力を発揮できるよう手助けしてまいります。

山脇で皆様と出会えることを楽しみにしています。

山脇学園中学校高等学校
学校長 山 﨑 元 男