学びのねらい

本校の教育の目標である「社会で活躍する女性のリーダーの育成」を受けて、どの分野で活躍するにも不可欠な論理的思考力を育てることを目標にしています。また、知識技能の習得にとどまらず、未知の問題にも立ち向かうチャレンジ精神と思考力を育てます。

中1・中2での授業

~将来の土台となる思考力を育てる~

中1・中2では、中学内容の理解を徹底させ、中3から取り組む高校段階の数学で求められる思考力の土台を育てることをめざしています。単元ごとに確認テストを実施して合格点になるまで再試験を行うことや、課題として問題集を進めていくことで、反復演習につながり、基礎知識がしっかりと身につきます。さらに厳選した応用問題に取り組むことで、論理的に問題を考える方法を学びます。また、中2の放課後特別授業(希望制)では、平面図形や立体の性質などについて、グループ討論や実際に工作することを取り入れています。問題を発見し、解決していくことで、理系科目に興味のある生徒の能力を引き出します。

中3・高1での授業

~高校数学のスタート~

中3から高校の教科書内容の学習に入ります。高校数学の導入でつまずかないように、習熟度別のクラスに分かれて丁寧に授業を進めていきます。学力に応じて、基礎をしっかり固めたり、応用問題にチャレンジしていき、数学ⅠA Ⅱの定着を図ります。

高2での授業

~文系理系ともに高校の教科書段階を終了~

文系と理系に分かれての授業となり、必要に応じて、文系では数学Bまで、理系では数学BまたはⅢまで学習していきます。引き続き習熟度別のクラスで授業を進め、高2修了時までに無理なく教科書内容をすべて終えるカリキュラムとなっています。教科書内容を完成させ、大学入試への基礎学力を培います。

高3での授業

~志望校現役合格に向けた実戦的な演習~

すべての授業が志望校現役合格に向け、実戦的な演習の授業となります。「数学ⅠA演習」と「数学Ⅱ B演習」と「数学Ⅲ演習」の授業を設定し、それぞれ習熟度別に問題演習を重ね、効果的な授業を進めていきます。これらの授業を必要に応じて選択することで、相当量の入試問題の演習に取り組むことが可能です。また、文系の国公立大学志望者対象の数学演習講座も設定されており、国公立大学受験へ万全な体制で指導を行っています。