学びのねらい

グローバル化の進む現代社会では多くの日本人が海外で働き、国内の日本企業も英語で会議を行うなど、本格的なコミュニケーションのできる英語力がますます求められています。2020年の東京オリンピック・パラリンピックが近づき、現在の中高生が多民族・多文化社会で協調・競争することが必然となる未来を見通したとき、こうした気運はさらに高まっています。
英語教育における従来の議論は、「実際に使える英語」か「受験対策の文法中心の英語」かの二者択一となりがちでしたが、文科省の学習指導要領は、オールイングリッシュ(日本語を使わないで、英語のみで英語教育を行う)という方向へと舵を切りました。また、2020年度から本格的に実施される大学入試改革においても、従来の知識重視、ペーパーテスト型の読解中心の英語力だけでなく、「話す・聞く」に比重をおいた実践的な英語力を測定する試験に変えるよう、各大学に要請しています。大学入試ばかりでなく、実際に生活やビジネスで英語を使う場面においては、文法的な知識をふまえ、正確に読解し、発言する英語力がますます大切になっています。
本校では「読む」「書く」「聞く」「話す」の4つの力のバランスが取れた英語教育を実施しています。多様な英語を読み、聞くことから取り入れた知識に自分の考えを乗せて発信するというコミュニケーション活動は英語で、文法の理解や知識の整理などには適切に日本語を使用して授業を進めていきます。「国際社会で活躍する女性の育成」をめざす教育理念のもと、英語教育ではPEGC(Practical English for Global Citizens)をテーマに、「理解する」だけではなく、「生活する」「学ぶ」「議論する」「交渉をする」といった、英語をツールとして社会で活躍する力を育成することを究極目標としています。
普通教室では講義と実践(Lecture and Active Learning)を中心とした学習活動をし、イングリッシュアイランドではプロジェクト型学習(Project Based Learning)を中心に活動します。

スタンダードクラスの英語授業

中学校入学後から本格的に英語学習を始める生徒は、「スタンダードクラス」に所属します。
スタンダードクラスの英語授業では、「NEW TREASURE(Z会)」をメインテキストとしています。中高一貫校で最も多く使用されているこのテキストは、一般的な教科書に比べ、単語量・文章量・演習問題などが充実しており、本校が重視している「聞く」「話す」「議論する」等のコミュニケーション活動を行うことにも適した内容です。中2からは習熟度別に授業クラスを分けて学力差に対応し、各クラスの生徒が学習しやすくすることで、学力の向上を促進していきます。
中3の中期からは、高校教科書の内容に入り、中3~高2までに高校内容をほぼ終了します。学力に応じた習熟度別クラスで、生徒に最適な授業を行います。高1で「総合英語Evergreen(いいずな書店)」を使用して高校英文法を整理、高2では語法・文法の問題演習により知識を確実にして、高3での本格的な大学入試問題の演習へとつなげます。高1・高2の読解では、「CROWN English Communication(三省堂)Ⅰ・Ⅱ」を学習し、高3では段階的にレベルの高い英語長文問題の演習へと進んでいきます。

入学前の英語既修者の英語授業

中1の最初から、生徒の英語力に応じたグレードに分けた授業クラスで、英語の学習を行います。スタンダードクラスの授業よりもネイティブ(あるいはバイリンガル)英語教員が行うライティングやコミュニケーションに重点をおいた授業を主として行います。
*英語に熱心なスタンダードクラスの生徒も、水曜放課後授業や土曜特別講座などを積極的に受講するなど、英語学力を伸ばして中2からクロスカルチャークラスに入ることができます。

大学進学に向けた高3の英語教育

高3の1年間は受験準備課程として、入試問題演習を取り入れた形式で授業を行っています。また、一人ひとりの学力に応じた最適な学習支援を行うために、放課後特別授業・土曜特別授業・夏休み等の長期休業中などの特別講習を行っています。通常の授業のレベルを超えるハイレベル講座から、基礎補強の講座、英検対策の学年オープン制の講座など多種多様な課外の教育で、大学受験に向けた学力を確実に育てています。

英検とGTEC

文科省認定英語検定(英検)の1次試験を年間に3回、学校で実施しています。継続的に受検することで、定期的に学力の伸長を確認することができます。さらに、2016年度からGTEC(ベネッセ)を導入しました。中1から受検することで、コミュニケーションを目的とする英語力の向上を得点として測ることができます。