スポーツ大会 vol.2 ~高校生編~

2020年10月23日

10月12日(月)の午前、高校生のスポーツ大会が開催されました!

例年通りの体育祭は実施できないとしても、何か生徒の心に残る機会を!と、形を変えて行うことになり、高校生と中学生の委員が中心となって企画、準備を行いました。

組ごとの縦割りでチーム編成を行い、他学年と協力して競技に臨みました。

当日の様子をご紹介します!!

早朝には、小雨がぱらついていましたが、高校生のパワーで雨雲も吹き飛び、汗ばむ陽気となりました。

競技前や後の手洗いの徹底の他、校庭で応援する人の数を減らしたり、軍手着用して玉入れや綱引きを行ったり、感染対策を行いながらの実施でしたが、大いに盛り上がりました!種目は中学生と同じですが、高校生の迫力を随所で感じました。

 

<玉入れ>

2020体育祭

2020体育祭
先生も参戦!この中には校長先生も!!

 

<リレー>

2020体育祭

 

2020体育祭
ゴール!

 

<綱引き>

2020体育祭

2020体育祭

 

<ドッチボール>

2020体育祭
士気を高める円陣もソーシャルディスタンス!
2020体育祭
教室から応援

当日は、高校2年生と高校1年生の競技係が会の進行、審判などの役割を担い、高校生全員でスポーツ大会の大きなテーマ「みんなで楽しむ!」を実践し、満喫できたように思います。高校生の優勝はG組!おめでとう!!

2020体育祭

 

<スポーツ大会を終えて(高校2年実行委員)>

★今年度は様々な点において例年の体育祭とは異なった形式でのスポーツ大会開催となりました。企画段階で先生方と話を進めていく中で、今の社会の状況下で体育祭を実施することがいかに難しく大変なことかと感じました。しかし、何か私たちの心に残る機会を!と考えてくださった先生方や、例年とは異なる形式での開催を理解し協力してくれた生徒の皆さんなど、いろいろな人の協力があり、無事開催することができたと思っています。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。また、当日の係生徒の仕事においても、例年と比べて人手が足りなかったり、不慣れな仕事があったりしてなかなか思い通りに進めることが難しかったけれども、学年を超えて協力し合い、それぞれ率先して自主的に動くことができたこともとても嬉しく思いました。

変化を求められた今年のスポーツ大会だったからこそ、例年以上に「感謝」を実感する機会となり、良いスポーツ大会にすることができたと思います。来年度どのような形で開催できるのかはまだ分かりませんが、今年のこの経験と感謝の気持ちを忘れることなく、良い体育祭を創り上げたいと思います。

★皆さん、スポーツ大会お疲れ様でした!まず、この状況下であるにも関わらずスポーツ大会実施を考えてくださった先生方にこの場をお借りして感謝申し上げます。

私は例年通りの体育祭ができない、と知った時、悔しい気持ちでいっぱいになりました。ですが、本番当日、クラス、学年の枠を超え、高校生全体が熱気に満ち溢れていて、「山脇生の強さ」を感じたと同時に、「山脇生としての誇り」を感じました。

来年も今年のように、感謝を忘れずに最後の体育祭を楽しみたいと思います。

2020体育祭

 

中学生のスポーツ大会と同様、生徒や先生方の笑顔とパワーが校庭中に広がっている光景を目の当たりにし、心から実施できて良かったと思いました。そして、終了後もみんな元気に過ごしていることに、教員一同、胸をなでおろしています。

高校生のスポーツ大会のフィナーレは、高校3年生のダンス「ペルシャの市場にて」とプロムナード。この様子は、vol.3でご紹介いたします。