中学1年 校外学習 ~お台場で宝探し!~

2020年12月2日

2020年11月25日(水)校外学習を行いました。

午前中はお台場へ集合。グループに分かれ、頭を使い身体を動かし、協力しながら宝探しゲームに挑みました!

宝探しゲームには、GPSを使う問題・謎解き問題・宝箱を探す問題・身体を動かすアクティビティ問題のそれぞれにポイントがあり、ゲーム終了までに多くのポイントを獲得したグループが優勝です。

 

出発前に作戦を考え中…

風が強く雨が降る中での取り組みでしたが、みんなで頑張りました!

屋内では、アクティビティ問題にグループで挑戦!

表彰式を終えて、グループごとに学校へ戻り、お昼ご飯を食べて午後のプログラムへ。

午後は高校1年生との合同レクリエーションに取り組みました。

https://www.yamawaki.ed.jp/2020j1h1reku/

 

~生徒の感想より~

  • 多くのゴールドを手に入れて上位に入るために効率よく問題を解き進めていけるようにできる限り、問題に積極的に取り組みました。 この場所に行ったら集合時間に間に合うかなどを気にしつつ、班長としての仕事を行っていきました。 もちろん、周りのことばかりを気にして楽しめなかったわけではなく初めての学校外でのクラスメートとの行事だったのでとても楽しめました。 問題は解けるものを解いて、解けないものはこうなのではないかと考えたりもしました。

 

  • 私は宝探しゲームを通して、グループで協力することはとてもいいことだなと思いました。地図を見て「ここじゃない?」と共有したり、問題を2人1組で見て考えて答えを出したりしていくということを私のグループでやっていたので、お互いに助け合えたかなと思います。今回、グループ活動においてのチームワークを高められたと思うので、今後もチームワークを高めたいなと思いました。

 

  • メンバー全員で協力して問題に取り組んだため、今まであまり交流が無かった人達とも仲良くなれたと感じました。この取り組みを通して、いつもと同じことばかり行っていると同じ人達とばかり交流することになるため、時にはこのように普段とは違って楽しめるようなことを行い協力することで楽しく行動でき、結束力が高まると学びました。時には楽しみながら協力し合い、互いの仲を深めることも大切だと考えました。

 

  • GPSを使って宝探しを班のみんなでやるという試みが初めてで、とても良い体験が出来ました。チームのみんなと協力して問題を解き、その目的地へ行くという繰り返しでした。その時に生まれる『思いやり』『助け合い』『協力』等日常生活で必要なことを沢山学ぶことが出来ました。途中GPSが作動しなくなり本部の方と相談して沢山のポイントを貰うことが出来ました。突然のハプニングで驚きましたが、班のみんなと協力しながら楽しむことが出来とても良かったです。