高3 校外学習 鎌倉

2016年5月16日

 5月14日金曜日 よく晴れた絶好の天候の中、高校3年生は鎌倉の校外学習を行いました。古い歴史を持つ古都を見学することで、日本の歴史や文化、風土への理解を深めることが目的です。

 クラスごとに見学班を作り、事前に鎌倉の史跡について調べ、班ごとに行動計画を立てました。この日はそれをもとにした自主見学です。好奇心旺盛な生徒たちは、あれも見たい、これも見たいと盛りだくさんの計画を立てています。北鎌倉駅や鎌倉駅で出席チェックを受けると、駆け出さんばかりの勢いで最初の見学場所へと向かっていきました。

 鶴岡八幡宮や高徳院(大仏様)には、多くの班が訪れました。有名な大仏様ですが、初めて見て実際の大きさに驚いている生徒もいました。また学問の神様である菅原道真公を祀った荏柄天神社を参拝し、受験に向けた決意を新たにしている班もありました。

 爽やかな木々の緑のもとで、古都鎌倉の史跡の見学を仲間たちと楽しんだひと時は、今後未来に向けての自分の歩みを進めていくうえで、貴重な経験になるでしょう。