中2 マイオピニオンコンテストを行いました

2018年2月27日

 中学2年生は、総合学習の時間に各クラスで、様々な見方・考え方のある社会問題について考えてきました。1月からは全員が自らの立場を明確にした発表を行い、クラスのメンバーの審査によって選ばれた代表者1名が、2月19日(月)7限、YAMAWAKI HALLにてマイオピニオンの発表を行いました。

 本選では、「脳死ドナーからの臓器移植」「ペットとの同行避難」「政治理念と人命」「インターネット規制」「マタニティマーク」「大学の授業料無償化」「AIに仕事を任せること」といった現代社会の様々な問題について目を向けた発表が行われました。テーマをめぐってその是非の立場、メリット・デメリット、具体的な対策について言及した発表もあり、考えさせられることの多い発表ばかりでした。

 コンテストには、理事長先生・校長先生をはじめ、多くの先生方にご出席いただきました。また、コンテスト運営の裏方として、各クラス総合係が司会や用紙の作成などを行い、充実したコンテストになりました。

 この先、視野が広がり、知識が増えれば、現時点での自分の立場は変わることもあるでしょう。立ち止まらずに、考え続けていってほしいと思います。