中学合唱祭を行いました!

2018年2月23日

2月17日土曜日、本校YAMAWAKIホールにて中学合唱祭を行いました。

12月から一生懸命練習してきた思いを歌声に乗せ、どの学年・クラスも感動的な発表でした。

また、合唱祭の準備や当日の進行は中学3年の実行委員が中心となって行いました。どのクラスにも惜しみない拍手が送られ、温かな雰囲気にあふれた素敵な合唱祭となりました。

2017合唱祭

【当日朝の練習】

 最後の朝練…どの教室からも歌声が。

 ホワイトボードには合唱祭にかける思いが込められたメッセージ。

【中1】

 初めての合唱祭。緊張に負けず、のびのびと歌っていました。

【中2】

 声量も表現力も、去年より一回り大きくなりました。

【中3】

 最後の合唱祭…その思いがみんなの胸に届く、素晴らしい発表の連続でした。

【表情の数々…】 

2017合唱祭

中3合唱祭実行委員 お疲れ様でした!

 

<中3実行委員の感想>

〇 1年で一番感動した日になりました。クラスや学年の絆がとても深まったと思います。一緒に歌う仲間がいることに感謝した、素晴らしい一日になりました。

〇 一生忘れられない最高の合唱祭となりました。期間が少ない中、朝・昼・放課後と「いい歌を届けたい」という一つの目標に向かってたくさん練習をしてきました。時には泣いたり怒ったりして、ぶつかり合い、意見がまとまらないこともありました。本番ではそれを乗り越え、みんなが3年間の感謝の気持ちを歌詞にのせて笑顔で歌い切ることができました。終わった後はみんなから「ありがとう」と言われ、このクラスで歌えてよかったと、改めてこのクラスが大好きになりました。指揮者・伴奏者・そしてクラスのみんなには、感謝しかありません。

〇 中3にとっては最後の合唱祭、今まで以上に各クラス思い入れがあったと思います。私のクラスも本番まで朝練や放課後練を頑張ってきました。先生が教えて下さったことを意識しながら何度も繰り返し歌ったり、パートに分かれてお互いを聴き合ったりして、良い歌を歌えるように練習してきました。だから、賞を取れなかったことはすごく悔しいけれど、クラスのみんなと後悔のない、とても楽しい時間を過ごせてすごく幸せでした。

〇 中1・中2の悔いや喜びを大切に、中3で気持ちをつくってきて挑んだ最後の合唱祭では、3年間の想いを、みんなに届けることができました。私のクラスは入賞ならずでしたが、どのクラスにとっても、この日のために皆に想いを届けるために日々努力をしてきたことが一番の賞なのではないかと思います。この一番の賞を得たみんなはきっと、明日からもクラスの団結力を感じ、楽しい学園生活を送ることができるはずです。この汗と涙が詰まった思い出を活かして、また高校生活も充実させていきたいです。

〇 私は本番、誘導係をしました。係の仕事は忙しく、ゆっくりと他の学年の合唱を聴くことはできませんでした。しかし、舞台裏や講堂の端で聴いた合唱はどのクラスも素晴らしく、これまでの練習の成果を感じることができました。また、係の仕事によって、歌う前の舞台裏の緊張した表情や、歌った後の感動や達成感あふれる表情を見ることができました。

〇 舞台裏の係をしました。去年の合唱祭で、舞台袖で緊張の中出番を待っていた時、先輩が「頑張って」と声をかけて下さり、気持ちが和んだので、今回私も先輩のように自分ができることをしようと心がけながら仕事をしました。皆で「頑張ろう!」「大丈夫」など声を掛け合う団結した姿や、歌い終わった後の笑顔を見ることができて、とてもよい経験ができました。